旅するおばちゃん

おばちゃんANA陸マイラーのおばちゃんらしく貯めるマイル獲得日記+etc・・。

ANA陸マイラーがめざすSFCについて考えてみました ②

       f:id:uyuajumma:20170323172557p:plain

-ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)-

このカードを持っているだけで素晴らしいサービスを受けることができるクレジットカード

ANA陸マイラーが夢見て目指している、そんな素敵なSFCを手にすることができる【ダイヤモンドステイタスメンバー&プラチナステイタスメンバー】になるために必要なこととは何でしょか。 

 

 

 

  f:id:uyuajumma:20170323200507p:plain

  • ブロンズステイタス : 30000pt
  • プラチナステイタス : 50000pt
  • ダイヤモンドステイタス : 100000pt

それぞれのステイタスに必要な「プレミアムポイント」数です。

「マイル」とは全く別のポイントになります。

おば友仲間のおばちゃんAは、すっかりマイルと勘違いしていました。
「アタシはもう5万貯まったわ(フガーッ)!」って鼻息荒くしていってました。そこから理解させるのに一苦労でした・・(泣)

 

プレミアムポイントはどうやって貯めるの? 


-ANA公式HPより抜粋-

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ運航便や、スター アライアンス加盟航空会社ご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。

 

ANAの公式HPにもある通り、搭乗した分に対してマイルとは別に加算されるものです。
そして特典航空券での搭乗は国内外・提携エアラインも全て対象外です。 

「プレミアムポイント」は購入して搭乗した場合のみ加算されるものです。

またステイタス獲得に必要なプレミアムポイントの半分はANAグループ運航便に搭乗する必要があります。

 

コストはどのくらいかかるの?  

おばちゃんは「スーパーフライヤーズカード(SFC)」を作りたいとたくらんで・・いえ、考えていますので【プラチナステイタスメンバー】を夢見ていています。

それにはプレミアムポイント50000ptが必要です。

そしてプレミアムポイント50000ptを獲得するのに必要なコストは、1pt=¥10が基本ラインと言われています。
ですので、50000pt×¥10=¥500000が基本必要コストとなります。

この1pt=¥10がPP単価(プレミアムポイント単価)といわれているものです。
このPP単価をいかに低価格(¥10以下)で抑えるのか、それによって必要コストが変わってきます。

SFC修行をされている皆様が努力されているところです。


国内線でシュミレーションしてみました。(2017年3月23日現在)

 f:id:uyuajumma:20170323220529p:plain

 f:id:uyuajumma:20170323220858p:plain

「SFC修行」で人気の羽田-那覇[プレミアム旅割28]を例にみてみます。
この羽田-那覇で50000pt貯めるとして考えてみます。

50000pt÷2860pt=約18搭乗(往復搭乗9回)
片道¥24990×18搭乗=¥449820

約¥450000の必要コストとなります。

かなり高額ですよ・・おばちゃんは払えませんよ・・(泣)

 

どうやって捻出する? 

  1. ¥450000~¥500000 をそのまま支払い購入する
  2. ¥450000~¥500000分のANA SKYコインを獲得して購入する

お金に余裕のある方や豪快に買うぞ!という方は1番が簡単です。
っていうかそういう方はわざわざ修行しなくても、普段からビジネスクラスに乗っているでしょうから、興味がないかもしれません。

では2番はどうでしょう。 

「ANA SKYコイン」はANAマイルから交換できて、ANAwebサイトで1コイン=¥1で利用できるコインです。

気がつきましたよね?

【ANAマイルから交換できるコイン】ことなのです。

 

やっぱりポイントサイト!

ANA陸マイラーが目指す【プラチナステイタスメンバー】達成のために必要なプレミアムポイント獲得活動は・・

  1. ポイントサイトを利用してポイントを貯める
  2. 貯めたポイントサイトのポイントをメトロポイントに交換する
  3. 貯めたメトロポイントをANAマイルに交換する
  4. 貯めたANAマイルをANA SKYコインに交換する
  5. ANA SKYコインを使って航空券を購入する
  6. 飛行機に乗る

ANA SKYコインで購入した航空券は、現金で購入した航空券と同じ扱いになるため、プレミアムポイント加算の対象となります。 

そして、ANAマイルの交換数やANAカードの種類によって「マイル→SKYコイン」の交換率が変わります。

 f:id:uyuajumma:20170324125748p:plain

そして、ANAマイルの交換数やANAカードの種類によって「マイル→SKYコイン」の交換率が1倍~1.6倍 となります。

おばちゃんはANAワイドゴールドカードを保有しているので、50000~200000マイルを交換するとSKYコインは80000~320000コインになります。

これは¥80000~¥320000として利用できます。

ってことは・・300000マイル→480000コイン(¥480000)ですので、ざっと必要コストはクリアできる計算になります。

また提携エアラインの航空券を利用する場合は、プレミアムポイント獲得活動の2番をメトロポイントではなく、銀行振込にして現金化すれば購入できます。

 

SFC修行ってなに?

プレミアムポイントを獲得するために飛行機に搭乗することです。 

 おばちゃんは2018年のSFC修行を目指していますのでまだ実際にやったことはないのですが・・。

「SINタッチ(シンガポール往復)」とか「三角飛び(羽田-千歳-那覇-羽田」とかいろいろあるようです。

当日日帰り・0泊2日や海外発券航空券を利用したり、さまざまな技があるようです。

そしてそのSFC修行を年が明けてすぐ開始し、なるべく早く50000pt獲得して「事前サービス」をうける、可能な限りプレミアムステイタスサービスを受けるために活動する方が多いようです。

SFC修行は実際に活動している上級マイラーの皆様のブログを参考にしてください。

日程の組み方や航空券予約の裏技などかなり奥が深いですが、わかりやすく書いていただいてます。

おばちゃんも早く報告できる日がこないかと自分に期待しているのですが・・。

 

プラチナステイタスに到達したら・・

ANAより案内があるようで、そこでSFCに申込み(又は切替)申請ができるようです。

このカードを手にした時、修行は終わりを告げるはずです。

しかし!おばちゃんには未知の世界で詳しいことはわかりません(笑)。

 

ところでデメリットはないの?

クレジットカードの年会費が割高になります。

一般カード (JCB・VISA・マスターカード)で¥11070です。
ゴールドカード(JCB。VISA・マスターカード)で¥16200です。
ダイナース・アメックス・プレミアムカードは¥30000超です。 

それと旅行に行く回数によってはわざわざコストと労力をかけずともよいのではないかと思います。

年1回、ビジネスクラスで海外旅行に行くくらいでいいという方は、プレミアムステイタスメンバーにならなくても、ビジネスクラスの航空券を購入すればラウンジも利用できるし優先搭乗ほかいろいろとありますので、必要がないと思われる方もいるのではないでしょうか。

 

おわりに

ANAスーパーフライヤーズカードは一度発行して年会費を払い所有している限り、ANAプラチナステイタスメンバーとほぼ同じサービスが受けることができます。

ポイントサイトを最大限活用して最終的にANAマイルに交換すれば、コストゼロで獲得できるチャンスが生まれます。

飛行機が好き!旅行が好き!お得なサービスをうけたい!とおばちゃんのように思われる方は、SFC修行トライしてみる価値はあると思います。

 

www.ana.co.jp

 

www.tabisuruobachan.com