旅するおばちゃん

おばちゃんANA陸マイラーの2018年SFC修行日記+etc・・。

【2018年 SFC修行 第6弾】1泊3日ペナンで街歩きの旅。[その⑦]

f:id:uyuajumma:20180502062411j:plain

 

2018年 SFC修行 第6弾[1泊3日ペナンで街歩きの旅 その⑦]です。

朝食もしっかり食べたおばちゃんは、タクシーでペナン空港に向かうことにしました。

 

 

ペナン空港にて 

 f:id:uyuajumma:20180504172527j:plain

 f:id:uyuajumma:20180504172516j:plain 

am9:55発のマレーシア航空に搭乗するおばちゃんは、ホテル前に待機していたタクシーに乗りam8:00前にホテルを出発しました。
タクシーのおじさん、ビュンビュンとばして約20分くらいでペナン空港に到着です。
少しもやがかかった空で燃えるような太陽の日差しも和らいでいるようです。

 

 f:id:uyuajumma:20180504173007j:plain
空港もまだそんなに混雑はしていません。
エアアジアのセルフチェックイン機の前だけ並んでいました。

 

 f:id:uyuajumma:20180504173023j:plain
おばちゃんはマレーシア航空のカウンターへ。
この時カウンターは1か所だけしか空いていませんでした。

3組ほど待っておばちゃんの番です。
羽田までの預かりはできないとのことで、一旦クアラルンプールでピックアップするように言われました。残念・・。

さらにここで出発時刻が遅れてam11:00になると言われました。

 

 f:id:uyuajumma:20180512160530p:plainメールを確認したらマレーシア航空から出発遅れのメールが来ていました。
おばちゃんはホテル出発前にメール確認をすっかり忘れてしまって、そのままホテルを出てきてしまったのです。
あ~あ、もっとゆっくりできたのに・・しくじってしまいました(泣)

ペナン空港内を30分ほどぶらぶらとしてから中に入りました。

 

 f:id:uyuajumma:20180504172943j:plainまだガラ~ンとしてます。

 

 f:id:uyuajumma:20180504172955j:plain地元色の濃いお店を見たりしていましたけれど飽きたので座って待つことにしましす。

『そろそろかな?』と思って時間を見るとam10:40です。
しかし飛行機の姿が見当たりません。

am11:00、出発予定時刻ですが未だ飛行機の姿はありません。

am11:30、メールきてません。飛行機も見あたりません。

さすがにおばちゃんもあせってきました。

 

 f:id:uyuajumma:20180512160529p:plain
am11:45、メールがきました。
出発予定がam11:25だと・・ってか過ぎてるじゃん-”-

 

 f:id:uyuajumma:20180504173330j:plain

 f:id:uyuajumma:20180504173319j:plainそれからほどなくして、やーーーっと到着しました。
搭乗予定の人々のほとんどが窓の外の飛行機をじーっと見つめていました。

『早くして~~~!』(心の声)

搭乗開始まですごく早くて20分くらいだと思います。

 

 f:id:uyuajumma:20180504173305j:plain

 f:id:uyuajumma:20180504173242j:plainpm12:15やっと飛びました!

 

 f:id:uyuajumma:20180504173633j:plain

 f:id:uyuajumma:20180504173621j:plainさようならペナン。またきっと来ます。

 

クアラルンプール空港にて

pm13:10クアラルンプール空港に到着。
預けたスーツケースをピックアップしてANAのカウンターに向かいます。

おばちゃん、ここでしくじりました。
サテライトトレインと勘違いしていまい、KLIAエキスプレスに乗ってしまいました・・OMG!!

この時pm13:25。
ANAさんのクアラルンプール発はpm14:15。
搭乗開始は今から10分後です。

パニックのおばちゃんはKLIA2のエクスプレスホームで、そこにいたスタッフのお兄さんに助けを求めました。
当然言葉も通じなくてあせっていたのですが、なんとかANAだという事だけ理解してくれて『俺が連れて行くから安心して!』(おばちゃん的理解)
『お兄ちゃんん、ありがとう』ってことでバタバタでしたがスーツケースを預けることができました。
ANAカウンターはクローズするところで、このお兄さんがいなかったらおばちゃんは恐らく乗れなかったでしょう。
こんな時に言葉が理解できたらいいなと思います。
お兄ちゃんにお礼をして出国カウンターへむかいました。

 

 f:id:uyuajumma:20180504173534j:plain頭上に[マレーシア航空ゴールデンウンジ]を見ながら搭乗口に進みます。
『さようなら。ゴールデンラウンジ!次回はゆっくりさせてくださいね~』と思って今回はあきらめました。

この後帰国便に搭乗します。喉カラッカラなおばちゃんです・・・。

・・・つづく。